奈良県立医科大学 水泳部 BLOG

奈良県立医科大学 水泳部の生態を公開中☆ 真剣な部活のシーンから、和気あいあいとした部内イベントまで、様々な水泳部の一面をご覧ください☆

こんにちは。明日メドレーリレー2継8フリ2バッタ8継と5種目泳ぐ、あと1ヶ月ばかり主将の高橋です。泳いで身体が壊れないことを願うばかりです。
明日はいよいよ近医水!ということで、さすがに今回のblogは自分かなとは思ったものの、なかなか話し出すとすごい長話になりそうで話がまとまりそうにありません。
まずはじめに去年までとの大きな違いは、2継のみならず、メドレーリレーと8継にも力を入れ始めたということでしょうか。他の大学からしたら至極当然の話でしょうが、以前まではうちの水泳部にはそんな環境が整っていませんでした。近医水という1日の試合の中で個人種目もあるのにリレーまで出場したら疲れてたまったもんじゃない。そういう風潮がありました。去年の近医水ではメドレーリレーは1組目が奈良医ABC三チームのみという恥さらしの状態でした。リレーメンバーの決め方もその場のノリ。ですが僕はリレーは水泳部の花形だと思っています。チーム力を示す競技だし、泳ぐときチームのことを考えると個人種目よりも力が入ります。ということでキャプテンになってからはこのリレーのセレクションを重点的に行ってきました。あんまりセレクションに身を入れてない人もいましたが、セレクションによりそれなりにBチーム以下も育つようになりました。これで胸をはって近医水に臨めます。西医体も含め多少リレーエントリータイムを責めすぎというふうには言われていますが、それだけリレーに力を入れ始めたということで目をつぶってあげてください。部員一同頑張ります。
今回の近医水にまで間に合わなかったのは全種目正式エントリーの枠を埋めること。そこまでチームのバランスが育ちきらなかったのは僕の力量不足でした。正式エントリーを割り振っても点数をとるどころか泳ぎきるのもやっとという状態の部員が多数おり、上手く割り振れず、自分自身も点数をとれる競技なんてほぼなく、8フリ2バッタは人数的に出場すれば点数とれると考えましが、フタをあけてみればそこまで世の中甘くありませんでした。点数をとれる可能性は低いですが全力で頑張っていきます。
別に水泳が速かったり点数を多くとれたりする人が一番偉いとかは僕は思っていません。ですが、僕の水泳部に対する願いとしては記録にしろ大会の点数にしろ順位にしろ人それぞれレベルの差がある中、どんな目標にしても練習してタイムが伸びたり落ちたりして一喜一憂し合えたりするのを水泳部員同士で味わい、生き生きした水泳部になっていければと思います。大がかり過ぎる目標を短期目標にするつもりはありません。今回の近医水ではまず点数を少しずつとっていき、そしてこれから先奈良医水泳部が大きな目標に近づく1歩として奈良医水泳部員一同は近医水に臨んでいきます。
スポンサーサイト
コメント

1人1人が全力で泳いでベストを出せば、チームにも勢いが付きます!
例年になく厳しい練習をこなしてきたみんななら、きっといい結果が待ってるはず!
今日はしっかり食べてしっかり寝ましょう😙
2016/07/08(金) 21:09:42 | URL | カレーでカーボローディング #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://naramedswim.blog.fc2.com/tb.php/106-22a5be95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック